家庭用蓄電池
本文の開始

家庭用蓄電池

家庭用蓄電池 導入のメリット

家庭用蓄電池 導入のメリット

メリット1
太陽光発電システムとの相性が非常によい。
安い深夜電力で充電し、昼間に自宅で使用する電気を蓄電池でまかない、 太陽光発電で創った電気をより多く売電することができます(押し上げ効果タイプ)。 また、太陽光発電の不足分をカバーしながら上手に節電貢献することができます。

メリット2
日々の節電貢献 安い深夜電力で充電し、昼間の電力を太陽光発電で利用するか、蓄電池で利用するか選ぶことができ、 その電力を蓄電池に貯めた電気を使えば、電力のピークシフトにより光熱費の節減が期待できます。 ご家庭の生活スタイルや目的に合わせて使用できます。


メリット3
非常時の電源確保 近年、予想できない災害を経験し防災意識が高まっています。 万一の停電時は、蓄電池から放出を開始し、パソコンや冷蔵庫、携帯電話の充電など必要な電力を確保することができます。 あらかじめ設定した家電へ優先的に自動で電源供給をする機能をもったものがあります。 約430W 程度の場合、最大23 時間連続使用することも可能です。


デメリット1
ダブル発電
現在は、余剰電力を高い価格で電力会社に売ることができます。 しかし、ダブル発電に相当する機器となり売電収入が逆に減ってしまう場合も大いに考えられます。 その場合は、ダブル発電の適用にならない機種を選択することによって、 太陽光発電の売電単価を下げることなく、逆に増やすこともできます。

デメリット2
設置場所
屋内に設置したり移動できるキャスタータイプの製品もありますが、定置型が一般です。 おおよそ幅100cm、奥行30cm、高さ125cm 程の大きさがあり、高温や低温、湿度の高い場所は避けることが設置場所に望まれます。 限られたスペースに導入することになるので事前に確認してもらう必要があります。

デメリット3
充電回数
充電と放電を繰り返す度に劣化が進んでいきます。いつまでも無制限に使用することができません。 蓄電池の種類によってその寿命はことなりますが、蓄電容量が減っていくのでいずれは交換が必要になります。 充放電のサイクルの回数や残存容量が異なるので、適切に選ぶ必要があります。 またメーカー保証の期間を確認することが大切です。

お問い合わせ 各種お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
PAGE TOP