家庭用蓄電池
本文の開始

家庭用蓄電池

家庭用蓄電池とは?

貯めた電気を必要なときに必要な分だけ使うことができます。

電気を貯めておき、貯めた電気を必要なときに必要な分だけ使うことができるものを蓄電池といいます。 たとえば、深夜の割安な電気を貯めて使えば、電気料金の節約に。 さらに、地域の電力需要のピーク抑制に貢献することもできます。 また、停電時には非常用の電源としてコンセントがついており、電化製品の電源プラグを直接差し込んで使用することも可能です。

化石燃料の枯渇、地球温暖化対策や近年の大震災により、防災意識が高まり、蓄電設備の需要が大きく伸びました。 国が補助金を出して普及を促進しているのも、この設備の大きな特徴ともいえます。

太陽光発電システムと相性がよく、組み合わせることで発電した電力の使い道はさらに広がります。 また太陽光発電システムの電気を溜めることができないというデメリットを解消することもできます。 電気をムダなく貯めて、必要な時に使う賢いシステムです。

家庭用蓄電池とは?



お問い合わせ 各種お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
PAGE TOP