法人向け太陽光発電
本文の開始

法人向け太陽光発電

法人向け太陽光発電Q&A

住宅用太陽光発電と何が違うのか

「公共・産業用」と「住宅用」の主な違いは、設置対象範囲とシステム構成、費用の違いです。「住宅用」は低圧電灯契約の電力を使用している建物で、3階建以下の高さに設置できます。それに対し「公共・産業用」は、主に高圧や特別高圧といった電力を使用している建物を対象とし、4階建以上の高さにも対応しています。
システム構成は、補助金の申請を前提に考えられているため、計測監視装置や大型の 発電量等表示モニターなどが含まれています。
費用は、システムを構成する装置が多いことや、ケーブル自体も大きな電力に対応したものを使うため、「住宅用」よりも割高になる可能性が高くなります。

PAGE TOP

減価償却は何年でするのか

法定償却年数は17年と定められています。税金対策という観点では、「エネ革税制」という制度があり、 特別な償却制度による一括償却か、税制優遇、税額控除を選ぶことができます。

PAGE TOP

メンテナンスはどうなるのか

今までの電気設備の保守点検業務の中に、太陽光発電の点検を組み込んでいただいて、お客様ご自身での管理となります。

PAGE TOP

保証はあるのか

メーカーから、システム全体に関して保証が1年あります。

PAGE TOP

寿命は何年か

パネルの寿命は20年以上です。(太陽光発電協会HPより)システムの周辺機器に関しては、3年〜15年程度でそれぞれの部品交換や機器の入れ替えが生じてきます。

PAGE TOP

補助金はどのくらい出るのか

申請されるお客様が、どのような方かによって異なります。それぞれの補助金の紹介ページを 用意しましたので、ご参考にしてください。

▽企業・事業者様 
 企業・事業者向け補助金のご案内ページへ

▽非営利民間団体様(学校法人・社会福祉法人等)
 非営利民間団体向け補助金のご案内ページへ

PAGE TOP
お問い合わせ 各種お問い合わせはこちら 資料請・≠ヘこちら
PAGE TOP