リフォーム
本文の開始

リフォーム

屋根について

私たちの暮らしを風や雨、日光や火災などから守ってくれている役割を担っています。

非常に厳しい気候条件下で大切な家を長く守っていく重要な部位です。 屋根形状は、切妻、寄棟、入母屋、片流れ、方形(ほうぎょう)など様々なものがあります。 基本的な構造は、垂木の上に野地板を張り、その上にルーフィングを施し、瓦やスレートを設置するのが一般的です。

スレート屋根の塗装は、日光が多くあたる南側や影響の少ない北側など、同じ建物の屋根であっても面によって劣化の 進行度が異なってきます。屋根を風や雨、紫外線などから守っているのが薄い塗膜なのです。この塗膜には耐用年数が あり、一般的に、約10年くらいを目途にメンテナンス行うと長持ちさせれると言われています。家屋の平均寿命は、 おおよそ30年と言われており、一生に1〜2回は塗替えが必要とされています。

スレート瓦について

〜 コロニアルやカラーベストの名称で有名なスレート瓦 〜

スレートサンプル

セメントと繊維材料を高温高圧で複合し成形した瓦のことをいいます。 日本に古くからある伝統的な、粘土陶器瓦(日本瓦)と比べると非常に軽量で収縮も少なく、 ほとんどの屋根形状に対応し安価であることから、近年の新築屋根に多く採用されているタイプの屋根材です。 日本瓦と比べると地震や風などの影響で割れやすいといった強度の問題もあります。 耐久年数は20〜25年程といわれていますが、30年以上ももつ種類も出てきています。

メンテナンスは、約10年くらいを目途にメンテナンス行うと長持ちさせれると言われていますが、 あまりその10年にこだわる必要性はありません。 経過年数だけではなく、直射日光、風通り、湿気、屋根勾配など総合的に判断する必要性があります。 施工は、ステンレス製の釘を数か所、野地板に打ち付けて敷き詰めていく方法が一般的です。 耐風性を高めるために、ビスで固定する「むね包み板」というものもあります。

メンテナンスについて

スレート瓦は日本瓦と異なり、塗装を行わないと性能を維持できなくなってしまいます。 メンテナンス時期が分かりにくいため、雨漏りなどの被害が出て初めて、手入れを行おうとしても遅く、 屋根の葺き替えや建て替えを行わないといけない場合があります。 また雨漏り防止や屋根材保護に関しては、全く効果が期待できず無駄な出費につながってしまいます。 外観に関する項目で、屋根に上りチェックする作業は大変危険ですので、ご注意ください!!

メンテナンス1

メンテナンス2

メンテナンス3

メンテナンスB

メンテナンス4

メンテナンスC

メンテナンス5

メンテナンス6


上記の中で症状が出ている場合は、メンテナンスを考えていただく時期といえます。

ベストな【 塗装 】時期は、A〜Bの中間くらいです。 屋根材に異常がない場会、洗浄と塗装のみで性能を取り戻すことができることが多くあります。 艶がなく色が薄くなったり白くなっているレベルでは、塗料だけの劣化現象と考えられます。 カビやコケが発生し繁殖してしまっていると、水分を含んでいる証拠となり、スレート自体の劣化が考えられます。 適度なタイミングで塗装を行うことで、スレート自体の寿命が長くなります。 チョーキング現象が発生したら塗替えの準備をしなければならないとお考えください。

B〜Dの状態であれば、塗装をしないほうが良い場合もあり、 Eの状態になると【屋根の葺き替え】や【建て替え】の必要な状況に至っているケースも見受けられます。

非常に沢山のコケが生えていたり、塗膜がはがれてボロボロの場会は、見栄えは改善されますが本来の性能が失われている可能性が高い状態です。 せっかく費用を掛けて施工をしたのに早い段階で塗装がはがれてしまう可能性があり、意味のない無駄な出費につながってしまいます。 ただ、雨漏りが発生するまでお手入れをしない方が無難かと思われますが、そのまま放置しておくと今後のメンテナンスの際に、 建物自体の劣化が大きく進んでしまい、余分な下地素材の交換が必要になったりし、その分、さらに大きな費用が掛かってしまう恐れもあります。

雨漏り原因の種類には、スレートのヒビや浮き、棟板金の浮き、コーキングのはがれ、雨仕舞の不備などが直接の要因になっています。 また、強い風の影響による振動などでズレが生じたり、割れてしまうことがあります。定期的に検査をすることをお勧めしています。

お問い合わせ
PAGE TOP